HOME>注目記事>介護士の求人で持っていると有利な資格とは

キャリアアップのために求人情報をチェックしよう!

介護士の求人情報をチェックする際には、どのような資格が必要であるのかもしっかり確認しておきましょう。

介護士の資格とは

基本となる介護職員初任者研修

介護士の資格の基本となるのが、介護職員初任者研修です。

介護福祉士実務者研修

初任者研修よりも専門的で、介護福祉士の受験資格にも必要です。

キャリアアップが図れる介護福祉士

国家試験であり介護系でキャリアアップが目指せる資格です。

幅広く活躍できるケアマネージャー

介護福祉士の資格保有者であり、介護福祉士として5年以上実務を積んでから受験できる資格です。

国家資格の理学療法士

リハビリのスペシャリストとしての国家資格です。

専門のサイトの利用

男女

高齢化社会が進み、介護関連の求人も増加をしています。介護士などの需要が高くなっているということがあるので、資格を取得しているのであれば、専門の求人サイトをチェックして条件に合う案件を見つけてみるのもよいでしょう。オンラインで条件を入力することができるようになっているので、希望に沿う案件も見つけやすい状態になっています。介護施設だけではなく、医療機関でも募集されていることがあるので、より多くの人の役に立つこともできます。

雇用形態の選択

女性

介護士の資格を取得していて、専門の求人サイトをチェックした上で就業をしたい場合には雇用形態のチェックも欠かすことができません。正社員に限定されず、パートでも求人が出されていることがあります。パートであれば、家庭との両立も行いやすくなりますし、希望をする時間帯に就業をすることも可能となってくるので、働きやすいというメリットもあります。また専門の派遣会社もあるので、期間を区切って就業をすることも可能です。派遣会社経由の場合には、トラブルが起きた場合に相談をすることが出来るようになっているので、それだけで安心感も得ることができます。自分に合う雇用形態で就業先をチェックしておくとよいでしょう。そのほうが長く就業出来る可能性があります。

広告募集中